■ついにできました!イラストレーターで線の位置がサクサク変更できるスクリプトです!

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

いやーついにできました!線の位置を変えるスクリプト。

具体的には、線パネルの
・線を中央に揃える
・線を内側に揃える
・線を外側に揃える
の切り替えです。

中央→内側→外側→中央→(くりかえす)と変更します。
05
16
31

ぜっんぜん見つからなかったんですよねー線の位置のプロパティが…。

でも考えたらそりゃそうなんですよね。プロパティなわけないんです。visibleBoundsが変わるんだから。なんらかのメソッドを使って内部で変更しているということです。


■線の位置はプロパティではない(と思います)


そう、線の位置はプロパティじゃないので、「今、内側だから次は外側ね♪」という仕様ではありません。

内部で「次は中央」とか「次は内側」を準備しています。

なので「次は中央」と準備しているところで「位置が中央の線」に適用したところで、

は?中央だけど何か?

となります(笑)。まったく動いたように見えない(実際には中央に変更していますが)。で、もう1回押すと内側に、さらにもう1回押すと外側になります。


確率的には言えば、平均2回押せば欲しい位置が得られます。動きはたいへん面白いので、どうぞみなさん遊んでやってください!


以下、達人の記事を参照させていただきました!いつもありがとうございます。

参考:ONTHEHEAD - 3flab lab..webloc

参考:Illustrator preferences 1 - 手抜きLab@DTPの現場.webloc


※今回のスクリプト。イラストレーターのpreferencesにgorolibというキーを追加します。
まったく他に影響ありませんが「ちょっときもちわるい…」という方は、使用をご遠慮ください。

※コメントにてナサケ様より変数を記憶させる違うやり方を教えていただきました。書き直しまして、
Gorolib_ChangeStrokeSide_v2.jsx
をご利用くださいませ。


ダウンロードはこちらから。


今回もアクションとスクリプトのセットです。スクリプトからアクションが呼び出されるパターンです。

(アクション)
ChangeStrokeSide.aia

(スクリプト)


アクションの登録について。
参考:イラストレーターでアクションの読み込みを行う方法

スクリプトの登録について。
参考:イラストレーターでスクリプトをサクッと起動する方法

なお、スクリプトからアクションを呼び出せるのはイラストレーターCS6以降になりますので、ご了承くださいませ…。


■スクリプトを販売開始します!


で、唐突なのですが、いくつかのスクリプトについては、2016年5月からワンコインスクリプトとして販売する予定です!

か、金の亡者か!
いえ、ビジネスモデルです!(笑)


ですので、ダウンロードはお早めにどうぞ…。

ではでは出羽の海。



(追記160409)

ナサケさんよりコメントありました。ありがとうございます!preferencesに書き込まない方法です。なにげに因数分解すごいです!早速書き直しましたー。

Gorolib_ChangeStrokeSide_v2.jsx