af9920042054

■自分は何をすべきか?を機械的に抽出する方法です。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

このブログのテーマは「はやさはちから」ですが、効率化の概念のひとつに「バッチ処理とオンライン処理」があります。

参考:仕事はオンラインとバッチに分けると恐ろしいほどはかどります
http://gorolib.blog.jp/archives/47448269.html

いずれもIT用語ですが、誤解をおそれずに平たく言えば、
━━━━━
オンライン処理…お米を研ぐ(手が離せない)
バッチ処理…お米を炊く(自動。手が離せる)
━━━━━
です。

手が離せるバッチ処理に切り替えれば、自分の手が空いてきます。そしてより重要なオンライン処理に時間がかけられるのです。

この考え方を突き詰めていくと、身の回りのどうでもよい(失礼!)軽作業はなくなり、いくつかのオンライン処理だけが残ってきます。人に頼むのもカッコよく言えばアウトソーシングですね。

見る必要がないメールを迷惑メールフィルタにかけて受信トレイから消すこともバッチ処理です。

参考:Gmailのフィルタは迷惑メールフィルタだけで運用して、超絶シンプルにする方法
http://gorolib.blog.jp/archives/34577285.html
 
参考:今日からゆったりできます!メールのチェック量を劇的に減らす方法
http://gorolib.blog.jp/archives/56327050.html


■残ったオンライン処理があなたの天職です


こうしてはやさを突き詰めていくと、残ったオンライン処理があなたの天職だとわかります。

(1)自分こそが一番うまくできる(と思うのも大事!)
(2)どうしても自分でやりたい
(3)これこそが自分のミッションである

そういう仕事、これこそがあなたの天職です!本当です。

このとき「人に頼むのには説明が面倒な作業はどうするのか?」という議論がありますが、これはその作業そのもののはやさを追求できるだけ追求し、最終的にはバッチ処理(人に頼む)のをお勧めします。

もちろん「できれば人に頼みたい作業」のことです。どうしても自分でやりたいことは除外します。

まぁ組織の中では難しいかもしれませんが、どうしたらはやくなるか、どうしたら人に頼めるかを常に模索することが重要です。


■何も残らなかったらあなたの天職は会社経営!


あらゆるものをバッチ処理化できた場合、あなたの天職は経営者です。ウラを返せば人に頼む天才!うらやましいです。

私の場合はやはり制作が好きなんでしょうね…。残ったなぁと思われるものはデザインのラフスケッチとイラストレーターの操作全般です。

あとは究極のオンライン処理は子育てです。これは天職ではなくてミッションですからね。

ではでは出羽の海。