■Creative Cloudの同時起動(くるくる問題)はJRグリーン車形式がいいかも
9335fce2-s

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

Creative Cloudのデスクトップアプリを起動すると、くるくる回って待ち状態のまま進まない件について。

参考:Creative Cloudアプリがくるくるのまま動かない件
http://gorolib.blog.jp/archives/56339350.html

同時起動がだめということで、現時点ではiMacとMacBook Proのどちらかの電源をオフにして運用しています。

ただイラストレーターなどのアプリ起動は当然だめとしても、マシン自体の同時起動は考慮していただきたいです…。


Creative Cloudを起動しなければいいんじゃないか?と思っていましたが、最新のCreative Cloudのいくつかのプロセスは、マシンのスタートアップに組み込まれているようで、Creative Cloudアプリを起動していなくても、こんな状態です。他にもいくつかのプロセスが立ち上がってます。
23

つまりいっさいAdobeのアプリケーションを使わなくても、どこかで通信し、制御していると思われます。


■グリーン車のスイカ形式がいいんじゃない?


で、考えたのですが、JRのグリーン車のスイカ形式がいいのではと思うのです。

JRのグリーン車はその席の天井センサーにスイカをかざすと、ランプが赤からグリーンに変わって、着席可能となります。

席を移動したいときには、別の席の赤ランプにかざすと、移動先がグリーンに変わり、元の席は赤ランプに自動で変わります。

このシステムを考えた人は超絶アタマがよい!ホントに心から尊敬いたします。なんと効率がよいステキな仕様か!


■「他端末で使用中です」というワーニングメッセージでいいでしょう?


で、Creative Cloudもこれがいいと思うのです。つまりA端末でAdobeのアプリケーションを使用していたがクローズせずにB端末でも起動しようとしたら、


A端末で使用中です。A端末のアプリケーションを強制終了しますか?


でいいと思うのです。まぁA端末でデータ保存していない場合はあきらめるしかないですけどね。

もしデータ保存しているのなら、強制的に切り替えていただいてまったくOKですので…。

いつか改善していただきたいですなぁ…。

察するに「A端末の通信がきれていたらどうするのか」など、むずかしい制御があると思うのですが(スリープの場合は当然そうなりますな)、少なくとも現在の使用のまま「マシン2台の同時起動自体がだめ」となると、運用しづらいんです。

もちろん不正使用のたくらみなどは毛頭なく、ひとりで2台の端末を使っている者のつぶやきであることは、念押ししておきますね(笑)

ではでは出羽の海。