スクリプトとフライフィッシングは似ている(笑)

その昔、リバーランズスルーイットという映画で一躍おしゃれな趣味に躍り出たフライフィッシング。


みんな憧れましたよね〜。当時のリア充(そんな言葉はなかったけど)アウトドアブームとあいまって、レガシィツーリングワゴンとコールマンのツーバーナーを持って、キャンプに行きましたよ、そりゃ。


釣り竿を華麗に振るブラッドピットがひたすらかっこいい映画でしたが、フライフィッシングはたいへん裾野が広い趣味のようで…。


フライフィッシングは、擬似餌の羽虫がまるで生きているかのように竿を振り、川魚との駆け引きを楽しむのが醍醐味ですが(たぶん)もう少し進むと、羽虫がリアルに飛び回る動きを研究するようで…。


さらに進むと擬似餌を自作するようになるんだそうです。いかに自然の虫に近い擬似餌を作るかが楽しくなるんだとか。


で、またまた先に進むと、虫自体を研究するようになって、川の上流に分け入り、網で羽虫を捕まえて持ち帰り、虫の形状を研究し始めるそうです。
 

はい、みなさんご一緒に。


さ、魚はどしたの?(笑)


そう、もはや川魚なんてどうでもよくなってきて、ひたすら羽虫を捕まえるようになるんだそうです。


私はこの逸話が大好きで、男子のこだわりがうかがい知れますなあ。


前置きが長くなりましたが、先ほどみなさんで叫んでいただいた「魚」をデザインに置き換えてください。


はい。私スクリプトが面白くてたまりません。イラレで便利さんのスクリプトなど眺めていると、とっても美しい。美しいプログラムとは極限まで因数分解されて、ひとつもムダがない。美しいプログラムを眺めていると、ツマミなしでロング缶3本はいけます!


で、デザインはどうしたの?(笑)


はい、毎日楽しく制作してますが、スクリプトに比重が行ってます(笑)。まあ長い寄り道だと思って、長い目で見てやってください…


ではでは出羽の海。