■やっと!やっと!わかりました(泣

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

足掛け2年。イラストレーターで「プレビュー境界を使用」をオンオフするスクリプトがついにわかりました!

tenさんのブログで勉強させていただきました。ありがとうございます。


いや…すごい…探索がパネぇっす。心から尊敬いたします。



で、
includeStrokeInBounds : Boolean・・・プレビュー境界を使用
という情報をもとにスクリプトを作りました。これらにショートカットを割り当てればOKです!


ダウンロードにてお願いいたします。
includeStrokeInBoundsON.jsx…「プレビュー境界を使用」をオンにする
includeStrokeInBoundsOFF.jsx…「プレビュー境界を使用」をオフにする


スクリプトの起動方法はこちらからどうぞ。
参考:イラストレーターでスクリプトをサクッと起動する方法


空けてびっくり!ソースコードは1行です(笑)
 

オンのほうは、
app.preferences.setBooleanPreference("includeStrokeInBounds",true);
オフのほうは
app.preferences.setBooleanPreference("includeStrokeInBounds",false);
です。


足掛け2年!結論は1行!


いいですねぇ。すがすがしい!真理とはそういうものかもしれませんなぁ。


ちなみに「どんなときにもオンにする」「どんなときにもオフにする」の2本立てです。

オンのときはオフ、オフのときはオン、も考えましたが、そもそも環境設定や変形パネルのオプションを開けないとこの項目は見えないので「今どっちかわからない」のなら、強制的にオンかオフが男らしいです。


またif文とかメッセージとかも好きじゃないので…。だからスクリプト起動しても「シーン」としてます(笑)。だけどきっちり変更されています。


スクリプトにはショートカットキーを割り当てるとより便利です。
ものかのさん謹製のScriptKeyAiをおすすめいたします。近々バージョンアップがあるそうですよ!
http://tama-san.com/scriptkey/download/


ではでは出羽の海。