おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

わたしはまとめブログを読む程度でいわゆるネラーさんではありませんが、「今北産業」という2ちゃんねる独特の言葉があります。

刻々と状況が変わるスリリングでスピード感のあるスレにて、乗り遅れたのだが全貌をつかむのは面倒なので、最新状況を3行で説明してください、という意味ですね(おそらく)。

念のためググってみました。なかなかユニークな検索結果です。お試しを!


さてトラブルに際した場合について。

身の危険がおよぶ場合はとにかく逃げることですが、そうではない場合は「解決に向けて前進する」ことが必要です。

一歩踏み出せば慣性の法則よろしく、ずーーーーっと動いていけるのです。

このとき役立つのが「今北産業」。

今起こっているトラブルを、3行でだれかに説明してみてください。

※繰り返しますが、身の危険がおよんだらまずは逃げることです。


じゃあちょっと軽いやつで。
━━━━━
(1)印刷した名刺について
(2)間違いがあり
(3)お客様が怒っている


やっちまいましたね!いったん逃げましょう。いえ語弊があるかもしれませんが、例えば電話ならかけ直しましょう。火の粉がかぶらないところへ避難してから対策を考えるべきです。


怒ってる目の前で解決しようとすると、剣幕に押されて「刷り直し!以上」となりかねません。


まず状況を分析して優先順を整えましょう。…なーんてよく言いますが、分析なんてできて3つが限界です。だから「今北産業」なのです。


むずかしいことをむずかしく言うのはカンタン。
むずかしいことをカンタンに言うのはむずかしいのです。


このブログでは後者を徹底的に追及しています。むずかしいですけどね(笑)

話がそれました。怒っているのはさておき、状況を整理しましょう。

まず(2)は何の間違いなのか?

先方のチェック漏れか?こちらの入力ミスか?入稿データを間違えたか?

こういうとき「たった1文字でもコピペ」方式で救われることがあります!


要は何が起こっているのかがわかれば解決に向けて前進できるのです。慎重にときほぐせば、決別ではなく信頼関係になります。いちばんよくないのはただバタバタするだけでまったく前進しないこと。トラブル解決が早いと信頼も築くことができます。


「今北産業」はどんなトラブルにも応用がききます。焦ってはいけない。


実際焦るんですよね。トラブルって。


以前に車で追突事故をされて、警察に電話したとき
「事件ですか?事故ですか?」というそんな簡単な質問にも聞かれてとっさに答えられなかったですからね(あの質問は思い返すと秀悦だなぁ)。


ふだんから練習しておくとよいです。合言葉は「今北産業」です。


ではでは出羽の海。