このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■急に健康に目覚めてしまいました!>

 おつかれさまです。@gorolibです。

 ヒトの思考は変わりづらいと申しますが、変わるときは早いもので、私健康に目覚めてしまいました\(^o^)/。もちろんきっかけは自身の病気であり「まあ、そりゃそうだろうね」なのですが、ヒトのカラダはとても面白い!


 生物学好きのエンジニアは一定数いらっしゃる。私の友人にもいますし、私もきらいではありません(私がエンジニアかどうかは置いといて…)。少々健康に不安のあるエンジニアは、機械やPCの不調を直すように、自分のカラダをメンテナンスすればよいのです。きっとハマるはずです。人間のカラダは、知れば知るほどとんでもない精密機械であることがわかります。

てか、早くケトン体を3行で説明しろや!

 はい、次のとおりです(^^;;

(1)炭水化物から生成されるブドウ糖はヒトのエネルギーだが意外にカラダに弊害があり、ガン細胞のエサにもなる

(2)ごはんやパンを制限するとガン細胞を兵糧攻めできる

(3)ケトン体は脂質から(肝臓で)生成されるエネルギーだが、持久力があってカラダにも無害。みんなコッチをエネルギー源にすべき

 すみません、懇意にしていただいている整体の先生の受け売りですm(_ _)m。

 市川海老蔵さんもケトン体への体質改善をはじめたとか(奥様に勧めるためでしょうか?)。またスポーツ界でもケトン体エネルギーへの移行が進んでいるようです。試合前におにぎり食べるのは昭和のハナシなんですね…

 実は気になってまとめた図があります。正直に申し上げると生物学好きと言いながら、三大栄養素もアヤしかった(^^;;

(クリックで拡大します)
■糖質は必須栄養素ではない!

 ここで面倒だがエキサイティングな話をします。三大栄養素とは脂質、たんぱく質、糖質です。一般的に知られるヒトのエネルギー源は糖質ですね。ごはんやパンは炭水化物ですが、ここから食物繊維を引き算すると、糖質が残ります。炭水化物が体内で分解されてブドウ糖になりヒトのエネルギーになる。中学校で習ったアレですね。

 文字どおり、ヒトはごはんやパンをエネルギーとして生活しているのです(苦労人の成功体験で、やっとごはんが食べられるようになった、という言い回しは言い得て妙ですね)

 ところで糖質は三大栄養素ではあるが、必須栄養素ではないんですね。必須栄養素とは脂質とたんぱく質であり、糖質は仲間に入ってないんです(これ衝撃でしょ?) 

■三大栄養素のひとつをカットする!

 何を今さらですが、糖質制限とは三大栄養素のひとつをカットするという、かなりの大ごとなわけです。20も30もあるうちのひとつならまだしも、ダチョウ倶楽部のリーダーが引退したような衝撃なわけです。上島さんとジモンさんを大切にしましょう(その例えww)

 前述のとおり、脂質から生成されるケトン体をエネルギーにすればよいのです。ただ脂質が足りないと、カラダはたんぱく質からブドウ糖を生成してエネルギーにしてしまう。たんぱく質はカラダをつくるものなので、あまり使いたくないんです。

 ですから糖質制限には、たんぱく質はもちろん、良質な脂質も必要なのです。よく芸能人が糖質制限ダイエットでフラフラするなんて言っていますが、エネルギー不足になっているわけですな。

■知ってる単語ばかりだから知った気になっている

 カラダに関する無知の原因は、おそらく単語が普及しすぎていることだと思います。

 炭水化物、たんぱく質、ブドウ糖…みなよく聞き知った単語です。だからなんとなくわかった気になっているのですね、至極反省しました。

 似たような現象はIT系ではGmailがいい例だと思います。ふだんスマホでGmailを使っておられる方にPCでの利用をお勧めすると、とたんに動けなくなることがあります。

 GmailとはWebメールであり、インターネット接続とブラウザがあれば機械を問わずに閲覧できる、という説明でお客様はなんとなくわかっていただけます。それぞれ聞いたことのある「耳慣れした」単語が並んでいるからです。しかし、いざPCに向かうとどうしたらよいか分からない。現象としてはよく似ています。

 どうですか?健康に無頓着なエンジニアの貴兄もムズムズしちゃってるでしょ(笑)たぶんヒトのカラダは、PCのチューニングやプログラミングよりも数倍エキサイティングですよ!これで160歳まで長生きできるぜ!

イェー!ジャスティス!(使ってみたかった^ ^)

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■なかなかにマニアックな変形をなんとかします

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですがIllustrator作業中に、グループ内の一部を基準として拡大縮小が必要なケースがあります。
タイトルなし2
 例えばこのサンプルのように、オレンジの箱をグレーの箱の大きさにして、その際にはIt'sもLOGOも同じ倍率で拡大したいというケースです。手動で行うと次のような操作になります。

(1)オレンジの箱の幅(高さ)を測る
(2)グレーの箱の幅(高さ)を測る
(3)(2)÷(1)を計算しメモする
(4)(1)が属するオブジェクト群をグループ化し(3)の倍率で拡大・縮小する
(5)スマートガイドをオンにしてセンシティブに移動する

 まあ、予想どおりの面倒くささですね(笑)


■クリッピングマスクを応用してみました


 今回はこれをクリッピングマスクを使ったスクリプトで実現します。ただ、一度に拡大縮小まではオペレーションしづらい(スクリプト起動条件が面倒になる)ため、基準オブジェクトでクリッピングマスクをかけるところまでやります。

 その後は最近の秀作(自分で^ ^)である「コピペでリサイズ入替スクリプト」を使ってリサイズし、その後クリッピングマスクを解除してください。


 その際、前面に残っている線なし・塗りなしオブジェクトの削除を忘れずに行ってください(それを削除するスクリプトも以前にご提案していますが、使うほどでもないでしょう)。

 ※この記事の下の方に追加版として「枠だけを消す」スクリプトがあります(無料)


■対象はグループ化し基準はグループ選択する


 このスクリプトはグループオブジェクトが対象です。変形元はグループ化されている必要があります。そしてそのグループ内の一部を選択すると、その選択範囲で長方形を作成し、今度はグループ全体に戻ってクリッピングマスクをかけます。なかなかに説明がむずかしいですね(汗


■今回のスクリプト情報


【スクリプト概要】
グループオブジェクト内の一部(選択部分)を枠として、グループ全体にクリッピングマスクをかけます。

【スクリプトファイル名】
G347_PartOfClipped.jsx

【使い方】
(1)変形元となるオブジェクト群をグループ化します
(2)変形の基準となるオブジェクトをグループ選択(もしくはダイレクト選択)ツールで選択します
(3)このスクリプトを起動します
(4)選択オブジェクトの範囲(長方形)で親となるグループオブジェクトにクリッピングマスクをかけます

【仕様】
(1)選択オブジェクトの親がグループオブジェクトでなければ反応しません
(2)プレビュー境界にも対応しています

※なおクリッピングマスクがかかった後は、リサイズ入替スクリプトなどで変形先と入れ替えてください。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから

https://note.mu/gorolib/n/ne827ccc028b0


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■ファイル名は要らないけど保存はしたい!にお応えします
28

 おつかれさまです。@gorolibです。
 スクリプト開発時には、機能検証用のIllustratorデータを用意しますが、そのファイル名のネーミングは長い間悩みのタネでした。「スクリプト名.ai」が有効かと思いきや、最初にスクリプト名を決めないで開発することが多いため命名できないのです。

 ではスクリプト名はというと、最初はタイムスタンプ(現在時刻)をファイル名にして開発します。具体的には170601_1010.jsx(2017年6月1日の10時10分)というネーミング方法です。

 Illustratorファイル名もこれと連動して、170601_1010.aiとしているのですが、数字の羅列はとても入力しづらい。

■ファイル名を自動取得

 しかもmacOSのコントロールバーの日付と時刻を見ながらの手入力です。しょせんシステム値なのですから、自動でファイル名を命名して保存できるのではないか?という疑問からこのスクリプトは生まれました。

 システム日時取得部分のコーディングは他にも転用できると思います(一筋縄では行かない!)。無料公開しますので、どうぞご利用くださいませ。


■今回のスクリプト情報


【スクリプト概要】
 タイムスタンプ(現在日時)をファイル名としてIllustratorデータを自動保存します

【スクリプトファイル名】※ダウンロードは無料です


【使い方】
(1)Illustratorデータを作成します
(2)このスクリプトを起動します
(3)保存先フォルダを選択します
(4)タイムスタンプ(現在日時)をファイル名としてIllustratorデータが保存されます

【仕様】
(1)保存先フォルダは都度選択となります
(2)Illustratorの保存オプションは以下となります(ダイアログは表示しません)
PDF互換ファイルを作成:オン
配置した画像を含む:オフ
ICCプロファイルを埋め込む:オフ
圧縮を使用:オン
24
(この画面は表示しません)

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから(無料です)



(追記170604)
08

フォルダも同時生成するバージョンを追加しました。いろいろまとめるのに便利です(中にIllustratorデータが入ります)




お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ