このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


09

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

以前にも書きましたが、Gmailのフィルタやラベルはやりはじめるとキリがありません。

いくらでも細分化できますし、いくらでも振り分けパターンが思いつくからです。

ここはやはり野口悠紀雄先生の「『超』整理法」に戻ろうではありませんか。ちょいと古い書籍ですが、私のバイブルです。

「分類するな」ということです。

ただし、いくつでもラベルが貼れるのは、さすが天才集団Googleです。ラベルが1つしか貼れないというのが問題であり、複数のラベルが貼れることは多次元で検索できるので秀悦です。

以下、かなりドラスティックな提案なので、自己責任にて…。

Gmailのフィルタは迷惑メールフィルタだけでどうでしょう?

受信したメールについて。
(1)こちらにボールがある用件…返信する(準備が必要ならそのまま)
(2)こちらにボールがない用件(もしくは済んだ用件)…アーカイブする
(3)見なくてもよい用件…迷惑メールにする

これくらいシンプルでもいいのではないでしょうか?

Googleのフィルタリングはものスゴくスゴいので、一回迷惑メール判定すると、二度と受信トレイは現れません。

最近お幸せになられた、こんまり先生の言葉をお借りすれば「書類は未処理か、保管か」なのです。それ以外は捨ててよい。メールも同じかと思います。

ではまた!




→お役に立ちましたらポチっとお願いします!



◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


09

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

Googleの情報引っこ抜きについてはさまざまな議論がありますが、やっぱりGmailは秀悦です。

私はとっちらかったメールアドレスをGmail1本に統一しました。

スマホでもPCでも、GmailアプリでGmailアドレスのみを使っています。

まぁ無料であり、Googleのさじかげんひとつですから、


「明日っからGmailサービス終了しますねーまたねー♪」


なんて言われたら全滅なのですが、ここまで浸透した以上、それはないでしょう(と願いたいです)。

なのでメール着信はどこにいてもチェックできますし、Gmailの受信トレイは「仕事のToDoリスト」と化しています。

メールは「ボールがどちらにあるのか?」で判定するとToDoリストにすることができます。こちらにボールがないメールはアーカイブ(“全てのメール”にて確認可能。受信トレイからは消える)しましょう。

受信トレイが空っぽの状態=今すぐビールが飲める状態です(いつでも飲んでますが)。というわけでGmailは「仕事の入り口」なので、流麗で超絶なオペレーションを研究しております。

まずPCではGmailアプリを入手しましょう。Go for Gmailというアプリです。だいぶ前から存在は知っていましたが、なんとなく「Webサービスなのに専用アプリを使うとは何事だ!」みたいな“3000%どうでもいい”こだわりがあったため、使っていませんでした。

が、LINEアプリ(PC上でLINEが使える)を使い出したあたりから、そのこだわりが溶け、たいへん便利に使っております。

さて、Go for Gmail。これの何がよいって、コントロールキー+gキーで一瞬にしてこのアプリに切り替わること。これはものすごくすごい(最近このフレーズ好き)です。

また、Gmail上で、シフトキー+スラッシュを押すと、ショートカットキー一覧が出てきます(最近知りました!)
37

当然全部は使わないので、入り用なものだけオペレーションを交えてお伝えします。

━━━━━
・PCに向かう
・コントロールキー+gキーでGo for Gmailを開く(最初は受信トレイが開くので)
・矢印キーの上下キーにて見たいメールを選び
・エンターを押す(メールが開く)
・返信必要な場合はrキーを押す。返信不要な場合はeでアーカイブ。
・ボールがこちらにないメールは、eでアーカイブ。
・迷惑なメールは迷惑メールとする(!)
・メール(スレッド)はxにて選択する
・受信トレイに戻るには、g+i

こんな感じですかね。

Gmailについてはイラストレーター同様、逐一報告してまいります。


→お役に立ちましたらポチっとお願いします!



◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


Fujisan365-5

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

画像やオブジェクトのサイズを統一して並べたいときなどに、クリッピングマスクの枠だけをコピーしたくなることがよくありますが、意外に選択しづらいものです。

こういうときこそ、グループ選択ツール。

ショートカットは選択ツール(V)の状態で、オプションキーとコマンドキーを同時に押します。
(コマンドキーだけだと、ダイレクト選択ツールですね)

さらにスマートガイドをオン(コマンド+Uで、オンオフ切り替え)にしておくと、選択がスムースです。スマートガイドは古くからのイラストレーター使いの方には不評ですが「選びやすくする」ために(吸着をねらって)使うのもアリです。私も普段はオフにしていますが…。

選択したらすかさずコピー(コマンド+C)&ペースト(コマンド+V)。
47

これでOKです。

ふ、フツーすか?

※実はグループ化されたオブジェクトの扱いが、自分の中では流麗でないのでちょっと研究中です。近日ご報告いたします。選択ツール(V)から持ち替えずに、ダイレクト選択、グループ選択を切り替えるアレです。

ではまた! 


→お役に立ちましたらポチっとお願いします!



◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



↑このページのトップヘ