このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。

■ 無間地獄のようなクリッピングマスク枠を消し去ります!
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 これは、今まで手をこまねいて来た件です。

 aiデータをaiデータに埋め込み配置すると、グループオブジェクトになります。それをグループ解除すると、その中身はなんだかよくわからないクリッピングマスクが

うじゃーーー!

 と存在しています。「なんだかよくわからない」と書くと身も蓋もありませんね…(^_^;)

 おそらくですが、レイヤー枠や効果(ドロップシャドウなど)の枠が、それを損ねないように、クリッピングマスクされているのです。しかし、これがまあうざい。

 クリッピングマスクを解除すると、当然そのクリッピングマスク枠(線なし、塗りなし)が残りますし、そのまた内側にもたくさんクリッピングマスクがあり、

うぎゃーーー!

 となります(騒ぎすぎ)。無間地獄のような展開になりますな。

スクリーンショット 2019-04-08 3.42.44

 そこで、ドキュメント内のすべてのクリッピングマスク枠を消すスクリプトを作成しましたので、ご利用ください。

 クリッピングマスクとは、グループオブジェクト内の最前面にクリップ枠があるものです。このスクリプトは、グループは解除せずにクリッピングマスクだけを解除し、同時にあのうざいクリップ枠も消します。

 ドキュメント内のすべてのグループオブジェクトを対象としますので、グループがどんなに入れ子になっていても、一網打尽です。

 Adobe側は「崩れて支障がありそうな部分」にクリッピングマスクをかけているので、当然元の表現が崩れることもあります。しかし、あまりにもうざいので、作成した次第です。
m(_ _)m

 今回、GIF動画では分かりづらいと思いますので、サンプルaiデータ(無料です。下記ボタンにてダウンロード)でご確認ください。スクリプト起動による、ビフォー、アフターのaiデータが含まれています。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプトファイル名】
G660_removeClip2.jsx

【使い方】
(1)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)ドキュメント内のすべてのグループオブジェクトが対象です
(2)クリッピングマスクされているオブジェクトがなければ反応しません
(3)オブジェクトは選択してもしなくても構いません(ドキュメント内をすべて検索します)
(4)グループ解除はしませんので念のため

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます


午後にはヤルことなくなっちゃう!#超ハイスピード 文字入力

20190401_152656_1

20190401_152656_2

20180917_193644_2

■■ はじめに

■ あなたの文字入力を根底から見直します

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 平素より「はやさはちから」というブログで、様々な仕事の効率化を提案していますが、このたび「超ハイスピードシリーズ」を始めました。

 効率化の提案が多岐に渡ってきたので、分野毎にまとめようという試みです。本作のテーマは、文字入力です。

■ 仕事の達人になってさっさと帰ろう!

 文字入力を異次元のスピードまで高めると、仕事の達人になれます。次から次へと仕事が片付き、その日の午後にはやることがなくなってしまうでしょう。

 今回、文字入力をスピードアップの対象に選んだ理由は、昨今の企業が「文書主義」から成り立っているからです。

参考:文書主義(ぶんしょしゅぎ)とは - コトバンク

■ 文書主義ってなんなの?

 文書主義とは、意思決定に至る過程や事業の実績を文書化し、あとから検証可能にすることです。元々は役所の文化ですが、昨今は内部監査や品質管理の観点から、民間企業でも重要視されています。

 企業では、事業計画や契約書、請求書や納品書など、すべての業務が文書から成り立っています。つまり、ビジネスの世界では文字入力のスピードが仕事の出来を左右するのです。

■ 連絡も文書主義である

 そのため、ビジネスの連絡手段も文書に残すことが一般的です。意思決定に至る過程を文書化し、あとから検証可能にしておけば、「言った言わない」というトラブルを防ぐことができるのです。

 また、メールやメッセージの送信がハイスピードになると、ビジネス上の先手を打てるようになります。仕事は早い者勝ちなのです。

 本文では、物理的な入力スピードを上げるコツ、そして入力対象を徹底的に減らす方法として、OCRや音声入力、ユーザ辞書など「そもそも入力しない」機能について、詳細に説明してまいります。

 今まで、ブログやTwitterなどでは、文字入力の効率化をご提案してきました。しかし、きちんと1冊にまとめるのは今回が初めてです。文字入力における私の試行錯誤が、全て詰まった集大成となる作品です。

 心から皆様のお役に立てれば幸いです!

【目次】

■ はじめに
・あなたの文字入力を根底から見直します
・仕事の達人になってさっさと帰ろう!
・文書主義ってなんなの?
・連絡も文書主義である

■ 第1章:物理的な入力スピードを上げる
・ブラインドタッチを3時間でマスターする?
・やっぱり早い!フリック入力 
・両手フリックをマスターしたい!
・簡単!これならできるぞ両手フリック
・両手指でリズム良く入力する

■ 第2章:もう書き写すのはやめよう
・絶対に書き写さない
・OCR で仕事は30倍はかどる?
・GoogleドライブでOCR機能を使う
・OCRならばgoogle

■ 第3章:音声入力を徹底的に使ってみる
・音声入力を使うだけで所用時間が半分になる!
・PC(macOS)で音声入力を使う方法
・ヘッドセットがあればなお良し
・スマホ(iPhone)で音声入力を使う方法
・音声入力は数字と漢字混じりに強い
・音声入力は短所を理解して使う

■ 第4章:クラウドサービスを使ってメモをとことん使い回す
・超絶おすすめは Simplenote
・データの即時反映という変革

■ 第5章:最強ツール!ユーザ辞書を使い倒す
・読みは2文字がベター
・まずは固有名詞を登録する
・業界や会社、組織特有の言い回しに使う
・挨拶文や定型文にもどんどん使おう
・ユーザ辞書でネガティブな気持ちを回避できる?

■ おわりに

© 2019 GOROLIB DESIGN

■■ 第1章:物理的な入力スピードを上げる

 この本は、文字入力を根底から見直し、超ハイスピードにすることが目的ですから、まずは物理的な入力スピードをアップさせる必要があります。

 ここでは、代表的な入力デバイスである、PCとスマホについて、文字入力のスピードアップを考えます。

■ ブラインドタッチを3時間でマスターする?

 まずは、キーボードによるブラインドタッチを説明します。ブラインドタッチが自己流の方は、この機会に矯正してしまいましょう。ブラインドタッチは、3時間もあれば完全マスターできます。

20180917_193644_2



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。

■ 電車でよくみるあの表現です
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2019-04-01 13.12.19

 おつかれさまです。@gorolibです。

 新しい元号が「令和」に決まりましたね。私自身、元号が変わるのは2回目ですが、そうそう立ち会えるものではありません。初めて日本の古典から選定されたとのことで、響きもスタイリッシュですし、安倍首相の談話からは「令和」の背景はとてもよく考えられていて、なんだか誇らしい気分です。良かったですね!

 平成が発表されたとき、かろうじて家にはNECのPC-8801がありましたが、通信はしておりませんでした。スマートフォンはおろか携帯電話もなく、テレビはブラウン管でした。そのテレビの前で友人たちと平成の発表を見ていた気がします。

 今日は「平成最後のスクリプトですっ!」などと書きたい気分ですが、新元号の発表があるだけで、平成はもうちょい続くんですよね…勘違いしちゃいます(^_^;)

 さて、今回は「何両編成の何号車みたいなデザイン」がサクッとできるスクリプトです。パスアイテムと半角数字を選んで、全部でいくつか?を指定すると、選択した数字のみ反転(白抜き)にして仕上げます。

スクリーンショット 2019-04-01 12.35.13


 全部でいくつか?は20を制限としています(制限しないとカオスになるので…)。選択した数字が20を超える場合は、反転なしで車列ができますので、裏ワザ的に使えると思います。


■ クローズドパスなら大丈夫です^ ^

 サンプルのパスアイテムは長方形ですが、クローズドパスならなんでも(円でも)構いません。

 また、上下左右の展開が選べますので、建物内の階数表記やエレベータなどにも、便利にご利用いただければ幸いです。
タイトルなし2

■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2019-04-01 13.12.19

【スクリプトファイル名】
G656_nangosha.jsx

【使い方】
(1)対象となる数字(半角のテキスト)とパスアイテムを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)全部でいくつか?を指定します
(4)展開方向(上下左右)を指定します

【仕様】
(1)反転部分は線色と塗り色を入れ替えます
(2)反転部分はテキストをCMYK白にします
(3)テキストとパスアイテムの位置関係は変えずに複製します
(4)線なしやオープンパスでは反応しません
(5)テキストが数字ではない場合も反応しません
(6)パスアイテムの幅(上下の場合は高さ)で複製します
(7)全部で20を超える場合は白抜きは作成せず、20で止めます
(8)選択された数字を白抜きにします


お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ