このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


■ChromeでPDFの表示がダウンロードになってしまう件(ただのコピーorz)

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

Google ChromeでPDFを表示しようとすると、なぜかダウンロードに切り替わってしまうことがありました。

結論から申しますと、Chrome PDF Viewerというプラグインを有効にすればOKです。

Chromeのプラグイン設定はこちらから

53

素材提供のみのWebデザイン案件にて、イラストレーターからPDF出力し、それをブラウザで確認したりするのですが(わたしだけ?)、操作としては、複数PDFファイルをChromeにドラッグ&ドロップしていました。

こうすると複数タブが起動してブラウザ閲覧ができていたのですが、いつの日かこれがダウンロード操作に切り替わってしまいました。

結果だけ見ると、PC上のファイルをChromeにドラッグ&ドロップすると、ダウンロードフォルダにコピーされるだけ。

おお!これはこれで便利か?

と思ったのですが、PDF限定であり、ただのファイルコピーでChromeを通す必要もないですよね…。

話を戻しますと、原因はChromeのプラグイン設定でした。

Chrome PDF Viewer
というプラグインが無効になっていたのです。これを有効にすればOKです。

原因は…

自分で切ったから。

おまえかよっ!

はい。Chromeがあまりに遅いことがあって(原因不明なのですが)、拡張機能やプラグインを片っ端から

うるせえ!うるせえ!

と言いながらオフにした日がありました。荒れてましたのねん。

制作は優雅にゆったりと!ではまた。









◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


■オブジェクトを新規レイヤーにサクッと移動する方法

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

イラストレーターであるオブジェクトを新規レイヤーに移動するのは意外と難儀します。

・レイヤーパネルを表示する
・新規レイヤーを作成する
・移動したいオブジェクトを選択する
・レイヤーパネルの横に表示されている図形を新規レイヤーにドラッグ&ドロップする

こんな感じですかね…。
48

ただし多くのショートカッター(???)がそうであるように、マウスポインタを当ててクリック連打という操作はできれば避けたいものであります。

で、ちょっと考えたのですが、あるオブジェクトを新規レイヤーに移動するのはたった3つのショートカットキーでいけます!

■3つのショートカットキーでOK!

移動するオブジェクトは選択しておき、以下の3つの操作でOKでした!

(1)新規レイヤー作成(オプション+コマンド+L)
(2)カット(コマンド+X)
(3)前面にペースト(コマンド+F)

(1)は新規レイヤー作成(レイヤー名指定)のショートカットですが、ただのコマンド+Lですとレイヤー名を指定せずに作成できます。

てっとり早いのですが、なぜか
・コマンド+Lでは最上層に、
・オプション+コマンド+Lではアクティブレイヤーのすぐ下に
レイヤーが作成されますので、背景に回したいオブジェクトの場合は(私の場合はほとんどこれ)、オプション+コマンド+Lがよいでしょう。

(2)は選択中のオブジェクトのカットです。

(3)で貼り付けます。コマンド+Vでないのは、同じ位置に貼り付けたいからです。特にレイヤー操作が不要なのは(1)で新規レイヤー=アクティブレイヤーとなっているからです。

━━━━━
この方法ですとレイヤーパネルが非表示でもOK。アクティブレイヤーの変更も不要!
制作の流れをとめることないスムーズな動きが可能です!

ぜひお試しを!








◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています


■わるいニュースを見ないという選択

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

ハードディスクレコーダーが登場してテレビの視聴スタイルも様変わりました。

昔は「木曜の夜はザ・ベストテン」とか「土曜の夜はひょうきん族」など(古いなぁ)、曜日とたのしみな番組が連動していたのですが、番組録画で朝昼晩いつでも見ることができるようになり、視聴スタイルは変わりました。

まぁ便利になった反面、そういう生活のリズム感みたいなものは失いましたね…。

我が家では私があまりテレビに興味がないせいか(もちろんお気に入りの番組はありますが)、こどもたちが好き勝手に録画番組を見ています。とくに今は夏休みなので好き放題。

もはや慣れましたが、火曜日の朝から「サザエさん」だったりすると曜日感覚は完全に「わけわかめ」です。

最初のころは「をい!いいかげんニュースを見せろ!」などとしかりとばしていたのですが、ニュースにしたらしたで、最近はとんでもなくわるいニュースばかりでイヤになりました。

で気がついたのですが、せいさんな事件、ひどうな事件(漢字変換するのもイヤですが)を逐一私たちが知る必要なんて全然ないんじゃないかと…。やっぱりテレビは視聴率なので、ショッキングなものをよりショッキングに伝えてくる。

そんなニュース、見聞きしなければ「起こったことさえわからない」ですし、全く知る必要なんてない。本当に必要なものだけをヤフーニュースで選んで読めばいいんじゃないかと思ったのです。

ちょっと大ブロシキを広げれば、世界というのは身の回りのこと。無人島から出たことのない人は、その人の身の回りが「世界のすべて」なわけです。その身の回りがよければ「世界はよい」と思えるのではないかと…。

これが世界をよくする方法のひとつなんじゃないかとちょっと思ったわけです。

おお、なんとも大ブロシキ!

これ以上の深い見解はないので(笑)以上!(厚切り風)




 




◆ スクリプトのカスタマイズご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2020 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



↑このページのトップヘ