このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
いつもいつも苦労しているアノ作業。一瞬で終わると人生観かわります(ホントです^ ^)


◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたは必読デス



45
09


■ほぼ自動!スライスって実は2工程なんですよね
^ ^

※本スクリプトから新作スクリプトは月額マガジンに含めていきます。

 おつかれさまです。@gorolibです。

 IllustratorでWebデザインカンプを制作されている方は、そのスライスをどうされていますでしょうか?標準機能はさておき(スルー早っ!)スライスって実は2工程ありますよね。

 工程1:スライス範囲確定
 工程2:スライス実施(png出力)

 今回はそれぞれの工程に対してスクリプトをご提案します。具体的には選択オブジェクトにピクセル最適化されたクリッピングマスクをかけ、その後、選択されたクリッピングマスクをアートボード番号+連番にてpng出力するものです。


■工程1:スライス範囲確定(G388_SlicePNG.jsx)

 まずはスライス範囲を確定します。オブジェクトの座標そのものをスライス範囲としても良いのですが(まとめたいところはグループ化するなど)、デザインカンプ制作工程ではスライスは意識したくないので、専用スクリプトを作りました。

 このスクリプトは選択範囲に対してピクセル最適化されたクリッピングマスクをかけます。この「ピクセル最適化されたクリッピングマスク」というのがこのスクリプトの最大の売りです。

 もともとIllustratorでWebデザインカンプを作るときはピクセル最適化を意識して作ります。しかしベクターデータであっても、ロゴデータやポイント文字などはそのままの座標ではどうしてもピクセル最適化できませんよね。
58
01
54
58


 このスクリプトは選択オブジェクトにピクセル最適化されたクリッピングマスクをかけて、この問題を解決するものです。
05
09
06
09



 稚拙ながら以前にもご提案していたのですが、改めて再提案いたします。



■スライス対象じゃなくても座標の指示に使えます

 またスライス対象ではなくても、独立したポイント文字でURLリンクがあるものなど、コーダーさんにはピクセル最適化された座標の指示が必要かと思います。その際は座標表示スクリプトと併用いただければ幸いです。
28




■工程2:スライス実施(png出力)(G388_SlicePNG.jsx)

 スライス範囲が確定したらpng出力します。これも専用のスクリプトをご用意しましたが、工程1で作られた「ピクセル最適化されたクリッピングマスク」を拾ってpng出力します。
09
 番号はアートボード番号+連番(自動採番)ですが、後から作り直しもできるように番号指定画面を用意しています。
22


■今回のスクリプト情報


【スクリプト概要】
工程1:スライス範囲確定…選択オブジェクトにピクセル最適化されたクリッピングマスクをかけます。

工程2:スライス実施(png出力)…選択されたクリッピングマスクをアートボード番号+連番にて、png出力します。

【スクリプトファイル名】
G388_SlicePNG.jsx
G389_PixelClip.jsx


【使い方】
<工程1:スライス範囲確定>
(1)ひとかたまりでスライスしたいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)選択範囲をピクセル最適化(座標に端数が出ないように)してクリッピングマスクをかけます

<工程2:スライス実施(png出力)>
(1)png出力したいクリッピングマスクオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)png出力フォルダを指定します
(4)アートボード番号+連番にてpng出力します


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから


https://note.mu/gorolib/n/n71f5f5d4b8a1



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
いつもいつも苦労しているアノ作業。一瞬で終わると人生観かわります(ホントです^ ^)


◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたは必読デス





■これは爽快!まとめてゴソッとガイドに吸着します
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

「世界でいちばん使いやすい整列処理」は私の永遠の課題ですが、常々思っているのは「右揃えか、左揃えかなんて機会が判断すればよい」ということです。もうちょっと人間の意思というか操作のイメージを機械側に汲み取ってほしいのです。 

 整列パネルを見てください。こんなに機能があるんです。多すぎですよね…。究極的にはタテとヨコの2種類あればいいんじゃないか、というのが私の理想です。

 今回作ったスクリプトは、ヨコの操作ならば右か左かを判断しなくていいんです!少しだけ理想に近づいたかしら。


■基本に戻って「ガイドに整列」

 今回、整列させる基準はガイドを使うことにしました。もともとガイドってそういう役割ですものね。このあたりで基本に立ち返ってみます^ ^


■いちばん近くのガイドって?

 ここで「いちばん近くのガイド」を判断する方法を説明します。
42
 まあ上図のとおりでして、この場合はいちばん左のガイドにオブジェクトの左端を吸着させます。もちろん右端が吸着するケースもありますね。カンタンに見えるかもしれませんが、ロジックは結構手間でした…。


■タテかヨコかだけ2とおりだけ考えればよい
 
 このスクリプトの何が良いって、人間の判断が「タテかヨコ」だけなので、整列パネルの機能を選ぶということにアタマのリソースを使わなくていいんです。もっとリソースは仕事ももっと他のところに使ってください。まぁひとことで言えば「ラクラク」です(笑)。私がスクリプトで目指すところは「脳内資源の解放!」です(大げさね)


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択したオブジェクトをいちばん近いガイドに整列します


【スクリプトファイル名】
G393_AlignToGuideYoko.jsx…ヨコ方向に動かしていちばん近いガイドに吸着します
G394_AlignToGuideTate.jsx…タテ方向に動かしていちばん近いガイドに吸着します


【使い方】
(1)ガイドに揃えたいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)いちばん近くのガイドにオブジェクトが吸着します

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから


https://note.mu/gorolib/n/n7d8ed4f649f9
お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
いつもいつも苦労しているアノ作業。一瞬で終わると人生観かわります(ホントです^ ^)


◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたは必読デス




おつかれさまです。@gorolibです。

Illustratorのスクリプトを作るとき、何層も入れ子になっているグループからテキストだけ抽出しようとすると、グループの処理をどうしよう…となります。

グループの中のグループや、入れ子構造の参照など、もうなんというか見た瞬間に



ああっ!ループしそう(IKKOさんの声で)



となりますね。もうこの問題はずーっと解決しなかったんですが、昨日2分でひらめきました
\(^o^)/

こういうのってあきらめちゃだめですな

activeDocument.selection

の配列をグルッと回してテキストを抽出するのではなく、

activeDocument.textFrames

の配列をグルッと回して選択されているものを抽出すればよいことがわかりました。

拍子抜けするくらいカンタンでしたな^ ^

textFramesのところはtypenameですから、配置オブジェクトだけとか、パスアイテムだけとか応用がききます。

ただし「全ての選択オブジェクト」をこの方式でやろうとすると、全てのtypenameが必要なのでおすすめしません。typenameってたびたび追加になるしww

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ